審美治療

セラミックで美しい歯を手に入れましょう

セラミックで美しい歯を手に入れましょう

「歯を白くしたい」「目立つ銀歯をなんとかしたい」といったご要望にお応えできるのが、審美治療です。審美治療はセラミックなど様々な素材を使用して、歯の審美性と機能性を改善させることができます。

横浜市旭区の歯医者「アクアファミリー歯科」では、審美治療を行っています。歯の見た目を改善したいという方、銀歯が気になるという方は、ぜひ一度ご相談ください。

当院では様々な素材を取り扱っています

当院では様々な素材を取り扱っています

当院では、セラミックやゴールドなど様々な種類の歯科素材を扱っており、ご要望をお伺いした上で最適な歯科素材をご提案しています。ご提案の際には、素材の特徴や費用(保険適用外であることも含め)、治療期間などについてしっかりご説明し、患者様にご理解・ご納得いただいた上で治療を進めています。

取り扱い素材
コンポジットレジン

コンポジットレジン

レジン(歯科用プラスチック)素材の詰め物です。レジンを直接お口の中の歯に盛りつけて形を整え、特殊な光を当てて硬化させます。歯の欠けの修復や、歯のすき間埋めなどの処置に用います。金属不使用のため、金属アレルギーの心配がありません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを掛け合わせた素材です。レジンよりも色調や透明感に優れており、しなやかで素材なので割れにくいという特徴があります。金属不使用のため、金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

金属並みの強度があるセラミックの一種であるジルコニアで作った被せ物です。奥歯などの使用にも適しています。金属不使用のため、金属アレルギーの心配がありません。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

通常の金属より柔らかい素材であるゴールドを使った被せ物です。密封性が高く 、歯と被せ物の間からむし歯菌が侵入しにくいため、むし歯の再発を防ぐことができます。また、摩耗しにくく、咬み合う歯が傷みません。

AGC

AGC

内側はゴールドで、その上からセラミックを焼き付けた被せ物です。金属の強度を持ちながら、天然歯のような自然な透明感を出すことができます。金属の溶け出しによる歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配がほとんどありません。

銀歯のリスクについて

銀歯のリスクについて

銀歯は白い歯列の中で目立つだけでなく、以下のようなリスクもあります。お口の中に銀歯があるなら、これらのリスクを把握しておきましょう。

金属アレルギー

お口の中にある銀歯は経年とともに金属がイオン化して溶け出し、体内に吸収されて金属アレルギーを引き起こすことがあります。原因不明の全身のかぶれやかゆみは、お口の中の銀歯が原因かもしれません。

むし歯の再発

銀歯はセメントで歯に装着します。このセメントは経年とともに劣化して、銀歯と歯の間に隙間ができてしまうことがあります。この隙間からむし歯菌が侵入して、銀歯の下でむし歯が再発してしまう可能性があります。セラミック製の人工歯なら、このリスクを抑えることが可能です。

歯周病の発生

銀歯の表面は細かい傷が付きやすく、歯垢がたまりやすくなります。歯垢には多くの細菌が潜んでおり、それが原因で歯周病が発生してしまう可能性があります。

診療予約はこちらから

当院は患者さんをお待たせしないために予約制となっています。
診療予約はWEBにて受け付けています。

045-953-8823

診療時間: 平日10:00~14:00 15:30~19:00

休診日: 水曜

WEB診療予約はこちら

  • Calendar

    〒241-0002
    神奈川県横浜市旭区上白根3-41-1
    横浜四季の森フォレオ3F

  • 医院ブログ

    一覧はこちら